監査法人採用準備室



Since
2005/6/23

データで納得!監査法人
中堅監査法人のススメ
法人何でもランキング
担当上場会社一覧
全監査法人リンク集
会計士リクルート情報
公認会計士試験合格者向け就職情報New!
監査法人の就活情報館
会計士の転職情報New!
準備室主催!就活企画
意外と…、の会計士像
新会計士試験の実像
活躍する会計士たち
実務のツボ
会計士厳選!リンク集
実務用リンク
会計士ブログ・mixi
Google

  www を検索
  サイト内 を検索

Copyright(c)
2005-2007 監査法人採用準備室
All rights reserved.

 どこでも一緒? 〜中堅監査法人のススメ〜

例年就職活動に携わっていますが、中堅監査法人は、例年採用枠が少ないことや、組織が大きくない事への不安感から敬遠されがちです。 しかし、大手とくらべて遜色の無い“中堅監査法人”は、会計士としてチカラを伸ばす絶好の職場であることを、お伝えしたいと思います。

 大手監査法人を見れば、収入規模や組織規模で大手法人が如何に大きいかがわかります。 ただし、その「大きさ」は過去に沢山の事務所が合併し、寄り集まってきた経緯によるものです。ですから、部門縦割りの傾向が今でも見受けられ、四大法人は、部門間のヨコの意思疎通を図るために必死です。 大手の中でも部門が違えば、待遇や仕事環境が別法人のように思える法人もあります。

中は、大をかねる

一方で、中堅監査法人の多くは、大手の一部門(又は一部門の中の数グループ)位の規模で動いています。

【大きい=安定】を求める考え方もアリでしょう。

ただ、大手に就職しても、どこかの一部門に配属される訳ですから、同じ事じゃないですか?

就職の際に、最も考慮すべき事は、会計士としてのキャリアを積める監査法人かどうか?です。

監査品質を維持するための教育・研修制度がそろっている法人なら、大手以外にも中堅監査法人なども就職活動の対象にすべきであると思います。
つまり、OJTの上で「出来る」上司がいて、会計士としての監査が出来る環境があれば、中堅監査法人も魅力的な職場なんです(給料などは大手よりも高い場合が多いですし)。
大手では中々経験できない「監査以外の業務」も、会計士としての視野を広げ、将来自分が活躍したい分野を決める参考になるはずです。

会計士としての可能性を拡げる監査法人は、

上場会社の監査経験が積めること

監査以外の貴重な経験を積めること

この2点が出来る法人です。
これらを満たす中堅監査法人は、まさに大手監査法人を兼ねるのです。


みなさんも一度、中堅監査法人を見てみませんか?
就職する監査法人で、自分の会計士の方向性が決まってしまいます。色々な法人を自分の眼で確かめるべきだと思います。